Nitori

ニトリみらい社会デザイン講座

Hokkaido University

寄附講座について

札幌市、株式会社ニトリホールディングス、北海道大学は、2019年7月に締結した連携協定を通して、「みらいIT人財」育成を推進します。
数理・データサイエンス教育研究を推進している北海道大学が、先端研究と高度人財の育成を推進し、先進的ITを活用して住まいの豊かさを世界に提供しているニトリホールディングスに、新しい社会デザインに資する研究に参画いただき、IT産業の集積地としてIT産業振興を推進する札幌市と共に社会的要請に応えるべく、データの力で地域社会の課題解決に挑戦することで、みらいの社会の創造に向けた最先端の研究と高度IT人財の育成を目指します。

2019年8月、数理・データサイエンス教育研究センターに設置した「ニトリみらい社会デザイン講座」では、この連携協定が、札幌市、そして北海道発で、Society5.0の実現による地方創生を牽引できるよう、具体的な実施を通して、「みらいIT人財」育成を推進します。

令和3年度ニトリみらい社会デザイン講座研究公募について

(令和3年3月26日更新)

厳正な審査の結果、令和3年度ニトリみらい社会デザイン研究公募の採択者が確定いたしました。
採択者は以下の通りです。優れた提案が多かったため、今年度は3件の採択となりました。

《顧客単位でのクラスタリングの最適化に関するテーマ》
◆経済学研究院 教授 坂川 裕司

《顧客特性に着目した再配達の低減に関するテーマ》
◆工学研究院 准教授 髙橋 翔

《部屋のコーディネート判定手法の確立に関するテーマ》
◆工学研究院 准教授 中嶋 唯貴

 

(令和3年3月8日更新)
応募は3月1日に締切ました。たくさんのご応募頂き有難うございました。
現在審査中ですので採択者が確定次第改めてお知らせいたします。
来年度も実施予定ですので今年度残念ながら応募が出来なかった方も是非ご検討ください。


ニトリみらい社会デザイン講座の活動の一環として、北海道大学における研究成果の発展や実用化を推進し、これらを通じてみらい社会をデザインできる人材を育成するための学内助成制度です。
株式会社ニトリホールディングスが提供するテーマとデータを活用することが可能であり、Society5.0のみらい社会デザインにふさわしい研究課題に対し、支援を行います。

本年度の研究公募では,研究参画者として修士課程以上の学生やポストドクターも参画可能です。

令和3年度 ニトリみらい社会デザイン研究公募プログラム
  • 公募要領(学内限定)
  • 応募申請書(学内限定)
  • フライヤー

令和2年度ニトリみらい社会デザイン講座研究公募について

(令和2年5月12日更新)
厳正な審査の結果、ニトリみらい社会デザイン研究公募の採択者が確定いたしました。
採択者は以下の通りです。優れた提案が多かったため、今年度は3名の採択者となりました。

《部屋のコーディネート判定手法の確立に関するテーマ》
◆数理・データサイエンス教育研究センター 特任助教 藤後 廉
《店舗単位でのクラスタリングの最適化に関するテーマ》
◆経済学研究院 教授 坂川 裕司
◆情報科学研究院 助教 大久保 好章

 

(令和2年4月28日更新)
応募は4月1日に締切ました。たくさんのご応募頂き有難うございました。
現在審査中ですので採択者が確定次第改めてお知らせいたします。来年度も実施予定ですので今年度残念ながら応募が出来なかった方も是非ご検討ください。


ニトリみらい社会デザイン講座の活動の一環として、北海道大学における研究成果の発展や実用化を推進し、これらを通じてみらい社会をデザインできる人材を育成するための学内助成制度です。
株式会社ニトリホールディングスが提供するテーマとデータを活用することが可能であり、Society5.0のみらい社会デザインにふさわしい研究課題に対し、支援を行います。

令和2年度 ニトリみらい社会デザイン研究公募プログラム
  • 公募要領(学内限定)
  • 応募申請書(学内限定)
  • フライヤー